水虫の種類

水虫は、カビの一種である白癬菌が、皮膚の角質層に寄生することによって起こる皮膚の病気です。白癬菌は手やからだにも感染しますが、9割近くは足です。足に繁殖しやすいのは、靴を履くために足がむれ、菌にとって過ごしやすい高温多湿な環境を作るからです。最近は女性も仕事で一日中、靴を履いたまま過ごす人が増えたため、男性に限らず女性にも水虫に悩む人が多いようです。

・趾間型

指(特に足の指)の間にできる、最も患者数が多いといわれている典型的な水虫のことで、強い痒みを伴ったり、皮膚がジュクジュクし、白くふやけたり、皮がむけたり、赤くむけてただれたり、腫れたりします。 他の型に比べて気づきやすく、早期から治療を行えば、治療の効果も得られやすいです。

・水疱型

足の裏や縁に小水疱や膿泡ができ、強いかゆみを伴います。小水疱は通常2~3mm程度ですが、時により大きくなることもあります。

・角質増殖型

かゆみはありませんが、足の裏全体やかかとの角質層が厚く、硬くなっていきます。こすると皮がむけたり、あかぎれのようなひび割れを起こします。はがれた角質が床に落ち、そこから感染することがあります。

・手白癬

手は直接外気に触れているうえ、洗う機会も多いので、足よりはずっと稀(まれ)ですが、水虫にかかります。症状は足の場合と同じで、小水疱ができることもあれば、手のひらが角化することもあり、爪まで感染することもあります。

・爪白癬
水虫が爪へ広がると、爪の先が厚くなり、白っぽくなる。変形、爪がもろくなって欠ける症状も。市販薬では治らないので病院で処方される飲み薬で治療。