いんきんたむしの症状と感染経路

いんきんたむしとは
いんきんたむしとは、医学的な病名では「股部白癬」と呼ばれています。主に陰部に水虫と同じ白癬菌による感染症です。通常、男性がいんきんたむしになりやすいと認められていますが、現在女性が発症したり、高齢者が発症したりすることも多く見られています。

いんきんたむしの症状
いんきんたむしはお尻や性器の皮膚に感染して発症することですが、いんきんたむしになると、一体何の症状がありますか?一般的に最初、皮膚に赤い斑点のようなものが出てくるとともに、激しいかゆみ、掻き出すと止まらなくなるなどの症状を伴うこともあります。症状が進んでいると、皮膚を傷つける可能性がありますから、皮膚の構造が壊れて、メラニンが排出されなくなり、沈着して黒ずんでしまう表現もあります。それで、以上の症状を見つけたら、早めにお医者さんと連絡して治療方法を求めてください。

いんきんたむしの感染経路
いんきんたむしの原因となる菌は白癬菌です。白癬菌が高温多湿な環境を好んでいますから、いんきんたむしは夏の時期に発症率が高いと認められています。いんきんたむしの感染経路というと、風呂場の腰掛け、トイレの便座、下着や水泳パンツの共有、大衆浴場やスポーツセンター、温水プール、公衆トイレ、締め付けの強い衣服の着用、性行為などがあります。