いんきんたむしに関する情報

タムシとは、水虫の原因菌と同じ白癬菌が体部に感染して起こる皮膚感染症です。いんきんたんむしは、性器周辺の皮膚のひだから発症し、股部や、お尻、太ももなどにも広がることがあります。強いかゆみをともない、痛むこともあります。いんきんたんむしの原因の白癬菌はどこにでもいる菌で、土の中などにも存在しています。人間に白癬菌が感染する場合は、皮膚の表面の角質に感染します。いんきんたむしの感染者女性よりも男性に多く、感染のほとんどは水虫などの白癬患者との接触が原因です。また性行為によって患部が接触することにより感染する人もいると思います。プールや銭湯などの公共施設で、はだしで多人数が行き交う場所の感染率も高いです。猫などの動物から感染するケースもあります。

いんきんたむしの症状
いんきんたむしの症状は初期には小さなブツブツや黄色い水ぶくれが発生します。円形や地図状の皮膚に赤い斑点が段々と外側へ広がっていきます。その後、発疹は中心部分から治っていき、色素の沈着がみられるようになります。発疹の境界部分では赤みがまし、境目がはっきりとしていて、日焼けした跡のように皮膚がむけた状態になってしまいます。患部がかぶれたり、強い痒みを伴うのが特徴。入浴などで体が温まると特にかゆみが増します。

いんきんたむしの治療薬
いんきんたむしも症状が軽ければ自然治癒してしまうこともありますが、症状がひどい場合は白癬菌の働きを抑える必要があります。いんきんたむしの治療は主に抗真菌薬の塗り薬で治療します。

ブテナロックVαクリーム
ブテナフィン塩酸塩を主成分としており、白癬菌の増殖を抑制し殺菌します。ブテナロックVαはクリームタイプの他、スプレータイプのものも販売されています。
テルバインEXクリーム
テルバインEXは、強い殺菌作用をもつテルビナフィンを主成分としている薬です。かゆみや痛みを抑えるジフェンヒドラミン塩酸塩やリドカインといった成分も配合されています。テルバインEXは、クリームタイプ以外に液状タイプの製品も販売されています。
メディータム水虫クリーム
メディータム水虫クリームは、抗菌作用のあるブテナフィン塩酸塩、かゆみを鎮めるリドカインを主成分としている薬です。製品の名称は“水虫クリーム”となっていますが、たむしにも効果があります。
タムシチンキ
タムシチンキは、殺菌作用のあるミコナゾール硝酸塩を主成分としている薬です。角質を軟化させるサリチル酸や、二次感染の予防にイソプロピルメチルフェノールなどの成分も配合されています。

↘感染症のような言い出さない悩みの解消方法

女性不感症を完全に治療したいなら:女性用のおすすめ媚薬を参考してくだい!

日本人の場合は、成人男性の4人に1人が、中等度以上のED症状を抱えているとされています。バイアグラ体験談によって、バイアグラを服用さえば、EDの症状を解消する可能性が90%以上に至ります。もう考えるな、感じろよ!